商品登録代行業者が教える!!
ヤフオク!出品マニュアル完全版③(AppTool編)

2015-11-30

apptool_official

 

ヤフオク!出品マニュアルの第三回です。これまでの記事はコチラ↓

 

商品登録代行業者が教える!!ヤフオク!出品マニュアル完全版①(準備・通常出品編)

http://coqoon.jp/archives/325

 

商品登録代行業者が教える!!ヤフオク!出品マニュアル完全版②(AucTown編)

http://coqoon.jp/archives/381

 

前回はヤフオク!外部出品ツールの「AucTown」紹介してきましたね。

 

今回も前回に引き続き、AucTownと同じくヤフオク!の無料外部出品ツール「AppTool」を紹介しましょう。

 

それではいきますよ!

 

AppToolアカウント登録&準備


 

apptool_01

 

AppTool

http://apptool.jp/lp/

 

右上の利用登録(無料)から登録してください。

 

apptool_02

 

規約に同意して…

 

apptool_03

 

Yahoo!JAPANのアカウントでログインします。

 

apptool_04

 

するとYahoo!からAppToolに情報を提供するかどうか聞かれるので、同意してサービス開始してください。

 

apptool_05

 

最初にアカウント名とメールアドレスの入力が必要です。

 

apptool_06

 

これが管理画面のトップです。

 

AppToolの機能


 

個別商品登録の手順に関してはAucTownと同じなので省略します。入力フォームにひたすら入力しましょう。

 

apptool_07

 

商品画像の管理なのですが、AppToolではドラッグ&ドロップで画像を登録できます。

 

それでは開催中のオークションを見てみましょう。

 

apptool_08

 

商品が出品されています。

 

apptool_09

 

この出品を取り消すには一番左のチェックボックスにチェックを入れて「取り消し」を押しましょう。一括して取り消しができます。

 

apptool_10

 

完了したら「終了オークション」を見てみましょう。

 

apptool_11

 

確かに終了していますね。

 

ただ、このAppTool。感覚的に使えて非常に使いやすいのですが、AucTownのようなCSVを使った一括登録機能や予約出品はできません。

 

一括登録に関しては代わりが無いわけではないのですが…一度確認してみましょう。

 

apptool_12

 

管理画面右上に「アップツール専用クライアントツール」が紹介されていますね。紹介ページにいってみましょう。

 

apptool_13

 

一応はこの「一括出品おまかせ君2」というクライアントツールを別途ダウンロードすれば一括ダウンロードも可能です。

 

apptool_14

 

ただ予約出品はできませんし、CSVも準備中となってます。

 

ただこれだとAppToolの強みであるUIが本体の方と全然異なりますし、使い勝手もあまり期待できなさそうです。

 

それじゃあ、AppToolを使うとどういったメリットがあるかというとですね。

 

apptool_15

 

上図では出ていませんが棒グラフ状の売上レポートが見れるんですね。この機能はAucTownにはないですね。

 

AppToolならではの強みです。

 

 

商品登録代行業者が教える!!
ヤフオク!出品マニュアル完全版②(AucTown編)

2015-11-29

auctown_official

 

前回はヤフオク!の登録、準備から管理画面を使った通常出品までを紹介してきました。

 

商品登録代行業者が教える!!ヤフオク!出品マニュアル完全版①(準備・通常出品編)

http://coqoon.jp/archives/325

 

今回はヤフオク!個人アカウントの機能の不足を補う、無料の外部出品ツール「AucTown」を紹介していきたいと思います。

 

なんとこのAucTown、CSVを使った一括商品登録ができるんですね。これなら大量の商品データを扱うのもラクラクですね。

 

それでは実際に見ていきましょう。

 

 

AucTownアカウント登録&準備


 

auctown_01

 

オークタウン

http://auctown.jp/

 

 

トップページです。

 

auctown_02

 

「機能紹介」もしくは「料金」ページに登録ボタンがあります(もしかしたらトップのログインボタンから直接いけるかもしれないですが、分かりにくいので今回は登録ボタンからいきます)

 

auctown_03

 

ここですね。

 

auctown_04

 

Yahoo!アカウントのデータ取得許可を求められます。同意しましょう。

 

auctown_05

 

これも同意して…

 

auctown_06

 

メールアドレスを登録すると…

 

auctown_07

 

ここまできたのですが、この後画面が固まってしまいました。

 

auctown_08

 

気を取り直してブラウザの更新ボタンを押すと、最初の画面に戻ってきました。今度はトップページのログインボタンを押しましょう。

 

auctown_09

 

最初に出てくるのがメンテナンス情報の画面ですね。左上のオークタウンの文字を押して管理画面トップにいきましょう。

 

auctown_10

 

ここです。これが管理画面トップになります。

 

 

AucTown CSVで一括出品する方法


 

auctown_11

 

まず最初に出品予定リストに登録した商品を収納するフォルダを作成しましょう(オークタウンは出品予約ができます)

 

auctown_12

 

auctown_13

 

できました。

 

auctown_14

 

商品データを準備する前に画像加工をしておきましょう。

 

AucTownでは登録画面から一つひとつ出品していく方法とCSVファイルを使って複数の商品を一気に出品する方法があるのですが、ここではせっかくなのでCSVファイルを使った方法を紹介いきます。

 

商品登録の際にCSVファイルと画像ファイルをZIPファイルにまとめる必要があるのですが、このZIPファイルのサイズが最大で30MBまでなのでここではそのサイズに収まるように小さめのサイズに画像加工しましょう。

 

auctown_15

 

リサイズ超簡単!Proでサイズを指定して…

 

auctown_16

 

できました。

 

auctown_17

 

ちょっと画質が悪いですが…だいぶ小さいですね!画像の準備ができました。

 

auctown_18

 

次は商品データのCSVを手に入れましょう。「出品する」から…

 

auctown_19

 

「新規商品登録」を選択して…

 

auctown_20

 

この画面で登録する商品に共通する箇所を入力してCSVファイルのテンプレートを作りましょう。

 

auctown_21

 

入力が終わったら右下の「CSVをダウンロード」のボタンを押す…といきたいんですが、右下のボタンを押して出力したCSVはフィールドの数がおかしくなっちゃうみたいなので今回は「商品一覧に追加」を押します。

 

auctown_22

 

出品予定商品リストに商品データが追加されました。

 

auctown_23

 

「CSV形式でダウンロード」を押してください。

 

auctown_24

 

準備出来ましたか。

 

auctown_25

 

CSVファイルを開いて画像1を登録する画像ファイルの名前に変えましょう。

 

auctown_26

 

この二つでZIPファイルを作ります。

 

auctown_27

 

一括商品登録ボタンを押すと

 

auctown_28

 

30MBのZIPファイルになっていますね。アップロードしましょう。

 

auctown_29

 

成功しました。「出品予定商品へ追加」を押しましょう。

 

auctown_30

 

あらかじめ作っておいた商品フォルダを選択して保存すると…

 

auctown_31

 

登録できていますね(※当初11/19に作業していたのですがオークタウンのシステムに不具合があったため27日に作業し直しています)

 

auctown_32

 

「すぐ出品する」を押しましょう。

 

auctown_33

 

auctown_34

 

商品が出品されました。

 

auctown_35

 

「出品中」から確認すると…

 

auctown_36

 

このように出品できていますね。

 

以上、今回は無料出品ツールの「AucTown」を見てきました。無料で予約出品やCSVの一括登録が使えるというのはありがたいですね!

 

それでは次回は同じくヤフオクの無料出品ツール「AppTool」を見ていきたいと思います。

 

 

商品登録代行業者が教える!!
ヤフオク!出品マニュアル完全版①(準備・通常出品編)

2015-11-29

yahooauction1_official

 

 

ヤフオク!というと個人で気軽に商品を売買できる、言わずと知れた国内オークションサイトの最大手ですね。

 

ヤフオク!に正式に店舗出店するにはオークションストアを開く必要があります。他のモール同様、ストアの出品機能は充実しています。

 

オークションストアの機能・特典は以下の様な感じ。

 

(出品ナビ)

  • 出品商品数無制限(10000点を超えるとサーバー容量の確保、およびYahoo!JAPANのガイドラインに即した出品かの確認のため調査されるということ)
  • 画像データ1024MBまで
  • 商品ボックス50個まで
  • 合計15ファイルまでの予約出品が可能
  • 7日先までの予約出品が可能

 

(落札ナビ)

  • 20パターンのテンプレートを用いたメールの一斉送信が可能
  • 10パターンの評価内容を用いて評価を一括記載することが可能
  • 取引データをCSVでダウンロード可能
  • オーダーフォームの利用(個人アカウントでの取引ナビに相当)

 

(その他)

  • 入札者、落札者に無料でメールマガジン配信が可能
  • 一部オプションが個人出品の半額で利用可能

 

なのですが、実は事業者としてストア出店には条件があって

 

  • 過去1年間で事業として実店舗またはインターネット販売において、
    おおむね1000万円/年以上、もしくはおおむね100万円/月以上の売上があること
  • 事業として1カ月あたりの出品数200点以上、または一時点において100点以上の商品を出品予定であること

 

の2つの条件のうち、いずれかを満たしている必要があるんですね。これは国内のその他インターネットモールの参入条件と比較してもかなり高いんです。

 

なので現実的には個人アカウントを事業用に利用してらっしゃる方も多いと思います(個人と事業者の境目が曖昧になるので特定商取引法など事業者としてのルールに則った取引を心掛けましょう)

 

個人アカウントでも上記のオークションストアのような充実した機能が使えれば良いのですが、デフォルトの機能だけではなかなかそうは行きません。個人アカウントでオークションストアの機能を代替させるためには外部の出品ツールを使う必要があるんですね。
なのでこれから三回にわたって、ヤフオク!の個人アカウント登録から外部の出品ツールを使って商品を出品するまでの手順を紹介して、最後に出品ツールの比較をしていきたいと思います。

 

まず今回は個人アカウントの作成から出品ツールを使わずに通常出品するまでの流れを紹介しましょう。

 

ヤフオク!個人アカウント作成&準備


 

yahooauction1_01

 

ヤフオク!

http://auctions.yahoo.co.jp/

 

ヤフオクのトップページです。

 

yahooauction1_02

 

右上の出品マークを押しましょう。

 

yahooauction1_03

 

Yahoo!JAPANのアカウントでログインすると…

 

yahooauction1_04

 

Yahoo!プレミアムの登録が求められます。

 

yahooauction1_05

 

オプションは必要ないのでそのまま進みましょう。

 

yahooauction1_06

 

「元のサービスへ戻る」を押してください。

 

yahooauction1_07

 

次に携帯電話もしくはスマートフォンの確認が求められます。

 

yahooauction1_08

 

yahooauction1_09

 

電話番号を入力すると認証コード付きのメッセージが届きますので画面にしたがって入力してください。

 

yahooauction1_10

 

yahooauction1_11

 

完了です。

 

yahooauction1_12

 

かんたん取引のための出品者情報を登録しましょう。

 

yahooauction1_13

 

yahooauction1_14

 

次に口座情報です。

 

yahooauction1_15

 

yahooauction1_16

 

yahooauction1_17

 

yahooauction1_18

 

口座登録も完了しました。次は商品を出品してみましょう。

 

ヤフオク!通常出品する方法


 

yahooauction1_19

 

この画面になりましたか?

 

yahooauction1_20

 

まずカテゴリの選択が必要なのですが、カテゴリの選択方法は3つあります。

  • リストから選択する
  • キーワードから選択する
  • 種類から選択する

今回はリストから選択していきます。

 

yahooauction1_21

 

yahooauction1_22

 

yahooauction1_23

 

上の登録画面まで来たら入力していきましょう。

 

yahooauction1_24

 

入力が終わりました。

 

yahooauction1_25

 

出品前にプレビューで確認することもできます。

 

yahooauction1_26

 

こんな感じです。何も問題なければ「出品する」ボタンを押しましょう。

 

yahooauction1_27

 

出品が完了しました。

 

yahooauction1_28

 

上図の箇所から商品ページを確認することができます。

 

yahooauction1_29

 

ちゃんと商品が出品されていますね。

 

今回は外部の出品ツールを使わずに個人アカウントの管理画面の機能だけで通常出品してみました。

 

上記の商品はブログ用なので簡素な書き方をしていますが、販売目的で出品される事業者の方は法律やヤフオク!の規約に沿った記述をしてください。繰り返しますが個人と事業者の境目が曖昧になるので、事業者としてのルールにのっとった取引を心掛けましょう。

 

次回から外部の出品ツールを使った出品方法を紹介していきます。

 

 

中国語の翻訳サービスを開始いたしました!

2015-11-28

chinesetranslation

 

ネイティブのスタッフによる中国語の翻訳サービスを開始いたします。

 

日本語から中国語、中国語から日本語。また簡体字、繁体字いずれの対応も可能です。

 

中国の巨大市場に展開するチャンスです。中国にネットショップを出店したいという方は一度気軽にお声掛け下さい。

 

また今後Coqoonウェブサイトでも中国ECへの出店から商品登録、SEOにいたる方法を随時公開していく予定ですのでそちらの方も合わせてご覧になってください。

 

 

SEO視点で「見やすい」文章を考える

2015-11-27

yomiyasuikiji

 

Coqoonでは商品登録などネットショップの運営代行業務をやっているのですが、お客様から求められるもので多いものの一つがSEO対策だと思います。

 

ですがSEO対策というのは普段から積み重ねなので、「これをやったら一気に伸びるよ」というのが無いんですね。特に最近は検索エンジンもより複雑になってきているので、より小手先のテクニックが効かなくなってきている。

 

実際にお客様の環境を調査して私どもが行うのも良いのですが、基本的にはお客様に日頃からSEOを心掛けたサイト作りを実践してもらうに越したことはないんですね。

 

なのでSEO関連の記事は普段から実践できるよう、これからブログでも積極的に取り上げていきたいと思っています。

 

それでまず今回なのですが、今回はSEOを念頭に読みやすい記事を考えたいと思います。

 

みなさん、人間の集中力ってどれくらいだと思いますか?

 

一般に短い人で2分とか3分とかって言われてます。

 

でも、私はインターネットの記事を人間が集中して読む時間(=興味が持続する時間)というのはもっと短いんじゃないかと思ってます。

 

文体とか内容、話の密度で「パッ」と見て読むかどうか判断する時間が5、6秒くらい。そこから20秒とか30秒とかそれくらいの時間をかけて読んで、それでもまだ面白そうだったら1、2分かけて読む。

 

今は移動中に携帯端末で記事を読む人が多いと思うので、この傾向はより顕著なのではないでしょうか。

 

人間の1分間に読める文字数がだいたい400から600字だと言われているので、2、30秒のあいだに実際に目を通す文字数は200字から300字。

 

この文字数でどれほど内容が理解されるというのでしょうか。

 

 

内容以前に求められるもの


 

小説を読むみたいに腰をすえて読むわけではないので、短い時間の印象で判断される。

 

だとすれば、サイト訪問者にとって視覚的な印象は大きな要素です。そして、それは必ずしもサイトデザインのことではない、「文章の視覚的な印象」のことです。

 

「読みやすさ」と同じくらい「見やすさ」も求められています。

 

次の3つのことを心掛けてみましょう。

 

①文字サイズ、行間

 

以前、独学でタイポグラフィーを勉強していたのですが、文字サイズや行間というのは文章の印象を大きく左右します。

 

ポータルサイトやネットショップ、銀行、役所にいたるまで日本人は新聞記事みたいな文字が詰めこまれたサイトを作りがちですが、文字を大きめにして行間をゆったり開けましょう(デザイン的な均整を保つためにわざと小さくするのはありだと思いますが)

 

②平易な言葉

 

例えばこれが小説やエッセイだったら難しい言葉を使ってもいいと思うんです。『自分はこういう言葉が好きだ』『自分はこういう言葉を知ってる』。それは自己表現ですよね。「読んでる人間が自分の言葉についてこれない」ということまで含めて、意味になりますから。

 

ただ、漢字やカタカナ言葉の密度の高いページは読む人を選びますよね。

 

だったらどういう言い回しがいちばん内容まで含めて読んでもらえるかって考えた時に、「使っても良い」でもなく、「使ってもよい」でもない。「使ってもいい」が一番広く届くと思いませんか?

 

相手に伝わるような言葉使いを心掛けましょう。

 

③平坦な言葉

 

「~でーす」みたいなってありますよね。本人はフランクな感じを出してるつもりなのかもしれないですけど、中の人間の生活臭は好みが分かれます。

 

文章を読んだだけじゃ男か女かも、年長者か若者かも分からないような、好みで判断されることのない平坦な言葉がいいですね。

 

使うのはあくまで公の言葉です。

 

最後に


 

このブログでも今回から実験的に文章の書き方を変えてみました。これだけでも雰囲気がだいぶ違うかもしれないですね。

 

それではみなさんも一緒にSEO頑張りましょう。

 

 

無料でウェブからFAX送信!
HelloFaxでコスト削減はできるのか?

2015-11-26

hellofax_official

 

 

実はCoqoonでは最近FAX営業をかけていて、電話営業と違って時間を取らせないというのと(その代わりインクを使わせてしまいますが…)、一応は手にとって見ていただける、場合によってはチラシを保管して取っておいてくださる方なんかもいて意外と良いんですよね。

 

ただFAXの維持費って馬鹿になんないですよね。紙代やインク代はもちろん、インクが目詰まりしちゃったら修理にもお金かかるから買い換えた方が早かったりする。本当はコンビニで済ませたいくらいなんだけど必要になった時に受信できるように一応準備してる、という方も多いのではないでしょうか。

 

なので今回は月額無料からウェブでFAX送信できると話題の「HelloFax」を使ってみたいと思います。

 

「ウェブでFAX送信」というと混乱するかもしれませんが、「サーバー上にあるPDF形式のデータを相手方のFAXで出力しますよ」というサービスなんですね。有料会員になれば受信用のFAX番号が付与されて、相手のFAXから送信したデータをこちらのパソコンでPDF形式で見ることも可能です。

 

hellofax_01

 

無料会員は月5枚まで送信が可能。「Small Bisiness」プランは$39.99(≒5000円)で月1000枚まで送信できます。1枚あたりに換算すると約5円?これはすごい!実際に使ってみましょう。

 

 

HellFaxの使い方


 

hellofax_02

 

HelloFax

https://www.hellofax.com/

 

 

筆者はGoogleアカウントでログインします。

 

hellofax_03

 

Hello FaxがGoogleアカウントから取得する情報を確認しています。「Agree」でOKです。

 

hellofax_04

 

有料会員になるように勧められるのですが、ここはとりあえず無料会員でいってみましょう。

 

hellofax_05

 

1から4までを全部やれば無料で20ページ手に入ります。左上から「Send a fax」を選びましょう。

 

hellofax_06

 

相手方にFAXを送信すると自分の所に連絡メールが送られてくるので、そこにPDFを添付するか確認しています。「No One」で大丈夫です。

 

hellofax_07

 

画面上部のチュートリアルを消して上図のサンプルファイルを削除してください(お試しFAXは指定された番号にしか送付できない)

 

hellofax_08

 

こんな画面になりましたか?それでは試しに送信してみましょう。

 

hellofax_09

 

ここに送信したいPDFファイルをドラッグ&ドロップします。

 

hellofax_10

 

アップロードされました。

 

hellofax_11

 

FAX番号を入力したら「Send」で送信しましょう(日本の国内でやり取りするFAX番号は頭に0が付いていると思うので、これを81にして入力するとフォーム右側に「JAPAN」と出てきます)

 

hellofax_13

 

この画面になりましたか?(筆者はチュートリアルで一通送信しているので二通表示されています)

 

hellofax_14

 

確かに送信されていますね!

 

 

HelloFaxって結局使えるの?


 

結論からいうと…使えません。

 

何故かというとですね…。

 

hellofax_15

 

こういうページがありまして。一番上に「Country」「Country Code」「1 page counts as _ pages」とありますね。この「1 page counts as _ pages」とは何かと。

 

実はこれ国ごとに1枚送信する際の料金設定が違うんですね。「1枚送信するのに何枚分の料金が必要か」ということ。アメリカは1。シリコンバレーのサービズなんで当然ですね。アメリカにFAX1枚送信するのには1枚分の費用しか掛からない。ヨーロッパの国も1。トルコやインド、中国、ブラジルあたりは2。そしたら日本はというと…

 

hellofax_16

 

5。つまりHelloFaxで日本に送付するにはアメリカの5倍掛かりますよと。単純計算で1枚あたり約25円。これは日本ではまだまだ使えるレベルではないですね…。

 

逆に海外にFAX送付する機会が多いという方は劇的にコストパフォーマンスが上がるかもしれません。海外向けに営業をかける必要がある!という方は利用してみても面白いのかもしれませんね。

 

 

商品登録代行業者イチオシ!!
店舗運営者必須ツール③ Folder Axe

2015-11-25

folderaxe_official

 

商品登録オススメツールの第三回です。

 

これまでの記事はコチラ↓

 

商品登録代行業者イチオシ!!店舗運営者必須ツール① Irvine

http://coqoon.jp/archives/182

 

商品登録代行業者イチオシ!!店舗運営者必須ツール② リサイズ超簡単!Pro

http://coqoon.jp/archives/204

 

一括登録の作業をしていると一度にアップロードできるフォルダサイズに決まりがあったりするので画像の数が多いと大変ですね。

 

今回紹介するFolder Axeは大量のファイルをいくつかある条件の中から選んでフォルダに分類するというアプリケーションです。デスクトップの整理にもうってつけですね。

 

 

Folder Axeダウンロード


 

folderaxe_01

 

公式サイトです。いつもの流れでダウンロードして下さい、といきたいのですが…

 

folderaxe_02

 

実はこのサイトからプログラムをダウンロードしようとするとトロイの木馬を検出するんですね。

 

ですのでソフトウェア紹介サイトのSoftpediaやDownload.comからプログラムを入手するようにしてください。筆者はSoftpediaから入手しました。

 

Folder Axe/ Softpedia

http://www.softpedia.com/get/System/File-Management/Folder-Axe.shtml

 

Folder Axe/ Download.com

http://download.cnet.com/Folder-Axe/3000-2248_4-75452107.html

 

 

Folder Axeの機能


 

folderaxe_03

 

こちらがFolder Axeの画面になります。

 

folderaxe_04

 

「Select Folder」で分割したいファイルの入ったフォルダを選択しましょう。

 

folderaxe_05

 

今回はこのフォルダを分割したいと思います。

 

folderaxe_06

 

「Split Type」の箇所でファイルを分割する条件を選択します。最初は「Start」というタグが選ばれていますね。

 

folderaxe_07

 

「By Amount」はファイルの数によってフォルダを分類するという条件です。これはシンプルですね。

 

folderaxe_08

 

「By Size」はファイルサイズでフォルダを分類する条件です。入力フォームの隣に「KB」というボタンがあるのでこれを押すと「KB→MB→GB→KB」という風に単位が切り替わります。画面右側の「Combine with By Amount」というボタンを押せば「By Amount」と組み合わせて使用することも出来るようです。

 

folderaxe_09

 

「By Name」。これが…少し使いにくいのですが、例えばフォームに1と入力すると先頭の英数字の数ぶんだけフォルダが作成されます。「aa」というファイルと「ab」というファイルが同じフォルダに分類されるというのは分かりますね?フォームに2と入力するとどうなるかというと今度は「aa」というファイルと「ab」というファイルそれぞれにフォルダが用意されます。フォルダ作成の条件をもう少し細かく絞れたら良いんですけどね。

 

folderaxe_10

 

「By File Type」はファイルタイプごとにフォルダを分類する条件です。これもシンプルですね。

 

folderaxe_11

 

「By File Groups」はFolder Axeであらかじめ決められている7つのグループ「Archives/Disc Images」、「Documents」、「Web/Coding/Programs」、「Images」、「Videos/Subtitles」、「Audio」、「Miscellaneous」でフォルダを作成して、そこにファイルを分類していくという条件です。

 

使いどころは限られていますが、散らかったフォルダを整理したい時などに役立ちそうですね。

 

folderaxe_12

 

最後は「By Date」。日付による分類です。これもシンプルですね。

 

folderaxe_13

 

今回は「By Size」を2MB(=2048KB)で指定します。

 

folderaxe_14

 

分割フォルダが作成されました。

 

folderaxe_15

 

少し画像が小さいのですが確かにフォルダサイズ1.82MBで分割されていますね。

 

 

商品登録代行業者イチオシ!!
店舗運営者必須ツール② リサイズ超簡単!Pro

2015-11-25

resizechokantan_official

 

前回に引き続き商品登録オススメツールの第二回です。

 

前回の記事はコチラ↓

 

商品登録代行業者イチオシ!!店舗運営者必須ツール① Irvine

http://coqoon.jp/archives/182

 

画像のサイズ変更するのにいちいち画像加工ソフトを開くのは手間ですね。今回紹介するリサイズ超簡単!Proは画像のサイズ変更と簡単な設定変更も出来るスグレモノなんです。このブログでもよく使っています。

 

それじゃあ早速見ていきましょう。

 

リサイズ超簡単!Proダウンロード


 

resizechokantan_01

 

リサイズ超簡単!Pro

http://my.reset.jp/~triton/RCKP.htm

 

まずサイトからダウンロードして下さい(ちなみに動作条件としてMicrosoft .NET Framework 2.0 がインストールされていることとあるので、そちらがまだの方はまずフレームワークのダウンロードから行ってください。)

 

リサイズ超簡単!Proの機能


 

resizechokantan_02

 

ウィンドウが立ち上がりました。

 

resizechokantan_03

 

上図の箇所から画像選択をしましょう。リストの削除もここでします。

 

resizechokantan_04

 

このように画像保存箇所のパスが表示されました(ドラッグ&ドロップでも可能です)

 

resizechokantan_05

 

保存場所や出力されるファイル名の設定をしましょう。

 

resizechokantan_06

 

画像サイズを指定します。

 

resizechokantan_07

 

色彩の補正方法を選びましょう。

 

resizechokantan_08

 

JPG、BMP、PNG、TIFFの中から画像のフォーマット選びましょう。JPGであれば更に細かく設定していきます。

 

resizechokantan_09

 

上図の箇所からリサイズ後の画像をプレビューすることもできます。

 

resizechokantan_10

 

最後に変換開始のボタンを押せば完成です。

 

resizechokantan_11

 

resizechokantan_12

 

 

商品登録代行業者イチオシ!!
店舗運営者必須ツール① Irvine

2015-11-24

irvine_official

 

今回から全三回にわたって商品登録の画像処理に関連したオススメツールを紹介していきたいと思います。今回はその第一回。

 

筆者は既存ECサイトのデータを使って別サービスで新たに店舗を立ち上げるときなど、画像ファイルは手作業で一つひとつダウンロードしている暇がないのでダウンローダーを使用して一気に取得します。

 

最近であればクラウドスペースを利用した画像ファイルのやり取りも可能だと思うのですが、商品の数によっては画像が膨大な量になることもありますし、フォルダ構造が既存サイトのものと違うと何かと不便なんですね。

 

そこで今回紹介するのは定番のフリーダウンローダーです。公式ホームページの最後の更新が2008年とかなり古いのですが、今使っても十分使用に耐えうる無料ダウンローダーなんじゃないでしょうか。

 

Irvineダウンロード&準備


 

 

irvine_01

 

Irvine

http://hp.vector.co.jp/authors/VA024591/

 

公式サイトからファイルをダウンロードできるので、ファイル上でマウスを右クリックして「管理者として実行」の項目を選んでください。

 

irvine_02

 

設定用フォルダの保存場所を選ぶよう促されるので指示に従ってください。

 

irvine_03

 

ウィンドウが立ち上がりました。画面左を見ていただくと分かると思うのですが、データを入れておくフォルダが「デフォルト」しかないので、このフォルダの中にキューフォルダ(今回の作業の大本となるフォルダ、ルートフォルダ)を作ります。

 

irvine_04

 

デフォルトフォルダの上で右クリック。「新規作成」を選択しましょう。今回はキューフォルダの名称を「Coqoon」にします。

 

irvine_05

 

キューフォルダが出来ました。今度はキューフォルダ上で右クリックして「フォルダ設定」を選択しましょう。

 

irvine_06

 

フォルダ設定のウィンドウを開くと「キューフォルダ」のタグが選択されていると思うので、これを「ファイル」のタグに切り替えてください。

 

irvine_07

 

「URL構造を再現する」という項目があるのでここをチェックしたらOKしましょう。ダウンロードしたデータの保存箇所もこのタグで指定できるので忘れずに(設定用データの保存箇所とは別です)

 

これでIrvineの準備ができました。

 

Irvineの機能


 

 

irvine_08

 

適当な画像アドレスを記載したメモ帳をデスクトップに保存します。

 

irvine_09

 

このメモ帳をIrvineのウィンドウまでドラッグ&ドロップしましょう。

 

irvine_10

 

irvine_11

 

ダウンロードが完了したので確認してみましょう。

 

irvine_12

 

フォルダ構造が再現されています。

 

irvine_13

 

irvine_14

 

この通りしっかりダウンロード出来てますね。

 

Irvineはかなり細かく設定できるので最初はとっつきにくいかもしれませんが、今回画像で見てきたように直感的な使い方も出来るように設計されています。定番なので知っていらっしゃる方も多いと思うのですが、知らなかったという方はこれを機会に使ってみてください。

 

 

iPhoneでPC用サイトが見れる小ワザ

2015-11-23

iphonetechnique

 

前回PCのChromeでスマホ、タブレット端末のサイト表示を擬似的に再現するアプリを紹介したのですが、今回紹介するのはiOS9のiPhoneでPCサイトを表示する小ワザです。

 

前回の記事はコチラ↓

 

Chromeで手軽にスマホサイトを見るアプリ User-Agent Switcher for Chrome

http://coqoon.jp/archives/113

 

PCサイトを表示する機能自体は以前あったのですが、ほとんど裏ワザのような分かりにくさでしたし、iOS9では大分使いやすくなりました。

 

iphonetechnique_01

 

画面サイズが4.7インチでないのですが、iOSのバージョンは9.1の最新です。画面下部ツールバーの真ん中、上に向かって矢印の突き出た正方形のアイコンを押してください。

 

iphonetechnique_02

 

ウィンドウが出てくるので「お気に入りに追加、ブックマークを追加…」の箇所を左にスライドさせます。

 

iphonetechnique_03

 

「デスクトップ用サイトを表示」とあるのでここをタップすれば、PCサイトが表示されます。

 

これでも簡単なのですが、実はもっと簡単な方法があって

 

iphonetechnique_04

 

検索バーの更新ボタンを長押ししてもPCサイトが表示されます。

 

iphonetechnique_05

 

iphonetechnique_06

 

出先で閲覧しようとするとスマホ用のサイトに飛ばされて一部機能が使えなかったりするサイトがあるので、意外と重宝するかもしれませんよ!