目覚まし時計の決定版!
Sleep Cycle alarm clock

2015-12-14

sleepcyclealarmclock

 

朝がツラいという方は多いんじゃないでしょうか。

 

筆者もそうです。

 

そこで今回紹介するのは目覚ましアプリの決定版、Sleep Cycle alarm clock!

 

何が「決定版」かというとこの、Sleep Cycle alarm clock。iPhoneのマイクを使ってレム睡眠(脳が覚醒状態にある浅い眠り)のときにアラームを使って起こしてくれるんですね。

 

 

最近、使い始めたのですがコレが結構使えます(関連記事をググってみたらかなり前からあったみたい汗)。

 

 

sleepcyclealarmclock_01

 

コレですね。ダウンロードしちゃってください。

 

sleepcyclealarmclock_02

 

アラームが30分幅なんですね。「指定した時間-30分~指定した時間」の間で一番眠りの浅い時間に起こしてくれる。

 

sleepcyclealarmclock_03

 

電源入れっぱなしでバッテリーが切れないように充電器に繋いだまま、画面を下にしておいてください(画面が明るくなるので)。

 

sleepcyclealarmclock_04

 

セットしました。この状態で就寝してください。

 

sleepcyclealarmclock_05

 

んで、これが朝起きて取得した睡眠状態のグラフです。

 

確かに眠りの浅くなっている時間に起こしてくれています。

 

sleepcyclealarmclock_06

 

これは木曜日~金曜日のグラフ。

 

sleepcyclealarmclock_07

 

これは金曜日~土曜日。睡眠時間が短いとこういうグラフになります。

 

この日は忙しかったので眠りも浅いのが分かると思います。

 

sleepcyclealarmclock_08

 

日曜日~今朝です。

 

iPhoneを使って睡眠の質を分析できるというのが面白いですね。有料会員(年額240円)になれば統計グラフも使えるようです。

 

こういうグラフはEvernoteと簡単に連携できると良いのですが共有メニューが無いので、メールアドレスでEvernoteの自分のアカウントを指定して送信すればEvernote上にデータを蓄積していくことも可能です。

 

皆さんもこのアプリを使って睡眠の質を向上させていきましょう。

 

 

iPhoneのメモリをクリアしてサクサク動かす方法
 

2015-12-03

iphonetechnique2

 

たまにやってます、このiPhone特集。以前はこんな記事を書きました。

 

iPhoneでPC用サイトが見れる小ワザ

http://coqoon.jp/archives/156

 

ネットショップの商品登録をやってると画像の確認に実機は欠かせませんよね。

 

筆者はiPhoneを使用しているのですが、長いこと再起動させずに使っていると動きが重たくなることがあります。

 

一度再起動すると時間がかかるし、マルチタスクの画面からマメにアプリを終了させるのは手間ですよね。

 

メモリ解放用のアプリを入れるのはいいですけど、なんだかわざわざそのためだけにアプリをダウンロードするのも馬鹿馬鹿しい。なんとかiPhone標準の機能でメモリを解放する方法はないものか。

 

実は、iPhoneには数手順でメモリを解放する機能が備わっているんですね。今回はそれを紹介します。

 

やり方はいたって簡単。

 

iphonetechnique2_1

 

電源ボタンを長押しすると出てくる上の画面でホームボタンを長押ししましょう。

 

自然とホームボタンに戻ればメモリの解放完了です。

 

なんだか本当にメモリが解放できたのかよく分からないですね。

 

それでは確認してみましょう。

 

iphonetechnique2_2

 

上記は解放前の画面です。

 

画面中央に16%という表記があるのが分かると思います。

 

これはメモリが残り16%しか余裕が無いですよ、という意味なんですね。

 

これがメモリの解放をすると…

 

iphonetechnique2_3

 

このようになりますね。

 

30%までは余裕があるよ、ということになります。

 

筆者はiPhoneにデフォルトで機能があるものに関してはアプリをダウンロードして機能を重複させたくないので上記の方法でやっています。

 

みなさんもiPhoneの動きが悪くなった時には上記の方法を試してみてください。

 

 

iPhoneでPC用サイトが見れる小ワザ

2015-11-23

iphonetechnique

 

前回PCのChromeでスマホ、タブレット端末のサイト表示を擬似的に再現するアプリを紹介したのですが、今回紹介するのはiOS9のiPhoneでPCサイトを表示する小ワザです。

 

前回の記事はコチラ↓

 

Chromeで手軽にスマホサイトを見るアプリ User-Agent Switcher for Chrome

http://coqoon.jp/archives/113

 

PCサイトを表示する機能自体は以前あったのですが、ほとんど裏ワザのような分かりにくさでしたし、iOS9では大分使いやすくなりました。

 

iphonetechnique_01

 

画面サイズが4.7インチでないのですが、iOSのバージョンは9.1の最新です。画面下部ツールバーの真ん中、上に向かって矢印の突き出た正方形のアイコンを押してください。

 

iphonetechnique_02

 

ウィンドウが出てくるので「お気に入りに追加、ブックマークを追加…」の箇所を左にスライドさせます。

 

iphonetechnique_03

 

「デスクトップ用サイトを表示」とあるのでここをタップすれば、PCサイトが表示されます。

 

これでも簡単なのですが、実はもっと簡単な方法があって

 

iphonetechnique_04

 

検索バーの更新ボタンを長押ししてもPCサイトが表示されます。

 

iphonetechnique_05

 

iphonetechnique_06

 

出先で閲覧しようとするとスマホ用のサイトに飛ばされて一部機能が使えなかったりするサイトがあるので、意外と重宝するかもしれませんよ!