商品登録代行業者厳選!!
2016年2月22日~26日のEC関連ニュースまとめ

2016-02-27

20160227summary

 

Amazonの1時間配送サービス「Prime Now」が配達地域を急ピッチで拡大しています。新たに追加になるのは東京都の12区、千葉県の市川市、浦安市です。最近のAmazonは他を寄せ付けない勢いがあるように感じられます。

 

千葉県も1時間以内で商品を配送、Amazonの「Prime Now」配達地域を拡大 /ネットショップ担当者フォーラム

1時間配送「Amazon Prime Now」の対応エリアが東京18区まで一気に拡大 /ShoppingTribe

アマゾン、「Prime Now」を中央区、港区や千葉県一部地域でもスタート /ECzine

 

今週はこんなニュースがありました。

 

 

ニュース


 

「MakeShop」が「Amazonログイン&ペイメント」に対応へ /ネットショップ担当者フォーラム

MakeShop、「Amazonログイン&ペイメント」に対応 /ShoppingTribe

 

楽天・三木谷社長が語る国内EC流通総額5兆円計画 /ネットショップ担当者フォーラム

 

 

サービス


 

「カートに入れる」は業界用語 ヤフー「らくらく通販」、ECの当たり前を覆したスマホUIに注目 /ECzine

 

 

ネタ


 

 

トウモロコシをそのままポップコーンにしてます。

 

 

市場分析


 

ショッピングアプリの利用時間が前年比160%増、アプリストア中心の経済圏に変化 /ECzine

5割超の若者「スマホでよくネット通販をする」 /ネットショップ担当者フォーラム

ヤフオク!、アプリからの利用者が270万人増、アプリ利用率は44%に /ECzine

 

企業からの情報収集・購入のきっかけ、20代以下ではLINE、Twitterの寄与度がメールに迫る /ECzine

20代では、女性だけでなく男性も「インスタグラム」を愛用【実際に起動しているアプリ調査】 /ECzine

Yahoo!、Google検索はもう古い? 若者はツイッターやインスタグラムでなにを検索しているのか /ECzine

 Instagramを使うのは画像をもとにした情報を探すときで、髪型や洋服、ネイル、メイク、「可愛い」などの直感的な検索がほとんど。飲食店のメニューは見ずに、インスタグラムで「#◯◯カフェ #おすすめ」といった検索結果で表示された画像を見て注文を決めたり、観光地などで景色などを見に行く場合、まず#(ハッシュタグ)で検索してから訪問するという人も。また、信頼する、関係性が深い、もしくは憧れの人が掲載している画像はより行動に移りやすいとの意見が見られた。  

 

[データは語る]ECサイト構築ソリューション市場は2015年度に226億3000万円―矢野経済 /ITpro

 

 

コラム


 

「リターゲティングメール」がEC売上TOP500社にじわり浸透、「カゴ落ち対策」のいま /ネットショップ担当者フォーラム

カゴ落ち対策の「リタゲメール」、アパレルが最多の導入率 /ECzine

 しかし、ナビプラスの調査では、リターゲティングメールの配信タイミング(1通目)では、最も開封率が高まるとされる「1時間以内」が16.1%にとどまっている。また、1通目で購入していないユーザに対して2通目の配信を行っているのは35%で、最も多い配信タイミングは「1週間後」となっている。配信タイミングの最適化についてはまだ改善の余地がありそうだ。

アパレルECのトレンド判明!購入に失敗した商品の行方は?(シンクエージェント調べ) /ECのミカタ

 

中級者向けAmazon売上アップ[3]「商品詳細ページ編集権限」についての必須知識まとめ /ECzine

2016年EC事業者がおさえておきたいデータフィード広告、背景と仕組み /ECzine

 

優秀な店員はなぜ接客が優れているのか? テクノロジーを活用した店舗流接客のすすめ /ネットショップ担当者フォーラム