サイト開設してから2ヶ月のSEO所感
 

2016-01-29

seotechnique

 

現サイトを立ち上げて2ヶ月ちょっと経ちました。備忘録も兼ねて弊社ウェブサイトのSEOの現状をお伝えしたいと思います。

 

検索キーワードとしては「商品登録代行」という語句でGoogle検索の1ページ目に表示されることを目標にしているのですが、内部SEO対策なども行い2ヶ月前に100位ほどだったのが現在は20位くらいになっています。

 

ただ、実は今月アタマの時点ではもう既に20位くらいで推移していて、具体的な数字で見るとページ直帰率の増加、滞在時間で見ると先月は全体平均で5分近くあったのが今月は1分くらいになっていました(プロモーションの方法を変えたというのも理由としてあると思うのですが)。これはちょっと見直そうと。

 

Coqoonのサイトでは「商品登録代行」の他に「 商品登録, ネットショップ,EC,カラーミー,楽天市場,ヤフオク,amazon,ポンパレ,タオバオ,せどり,Coqoon,コクーン」で検索キーワードを設定しているのですが、この中で「商品登録代行」との複合キーワードの組み合わせで最も上位表示されているのが「商品登録代行 ヤフオク」の組み合わせです。

 

「商品登録代行 ヤフオク」だとGoogle検索エンジンで8位に入っているんですね。

 

seotechnique_01

 

以前ブログ記事でヤフオクに関する記事を書いたのですが、その影響が非常に大きいと思われます。

 

それではここでヤフオクの記事に関するページ状況を確認してみましょう。

 

seotechnique_02

 

ページビュー自体は他のページと比較しても大きくは違わないように見えます。

 

滞在時間にしてみるとどうでしょうか。

 

seotechnique_03

 

これでも分かりやすく1位とかじゃないのでアレですが、ページ滞在時間がGoogle検索ランキングに大きく関係していることは間違いなさそうです。

 

キーワードプランナーで調べていただくと分かると思うのですが、「商品登録代行」というキーワードはそもそもの検索者数が少ないので検索エンジンの1ページ目に表示されるのか2ページ目以降に表示されるのかは非常に大きな問題です。

 

原因としてはプロモーションの方法を変えたので、そもそもうちのサービスやブログ記事に興味があって流入してきた割合が減ったのと、記事の更新がまとめ記事ばかりになっていたのでブログの新味に欠けたといったところではないかと考えています(ブログを読み物として膨らませていくアイデア自体は良かったと思うのですが、その他の記事に対してまとめ記事の割合が増えすぎるとページを開いてもらえなくなる?)。

 

まとめ記事は週1回のまとめというような形でリニューアルさせたいですね。